メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賞味期限わずか30秒のスイーツ 沈殿前が一番飲みごろ 岐阜・大垣

「あんこミルクティーの飲む水まんじゅう」を手にする白木亮年さん=岐阜県大垣市内原で2019年6月28日午前10時19分、渡辺隆文撮影

洋菓子店が「あんこミルクティーの飲む水まんじゅう」開発

 賞味期限は数十秒――。岐阜県大垣市内原の洋菓子店「ギャルリー シュシュ ア」(白木亮年シェフ)は、高齢者にも優しくおいしいスイーツ「あんこミルクティーの飲む水まんじゅう」を開発した。あんこが沈殿する前の一番飲みごろの状態を保つことができるのがわずか30秒で、その場で飲むのがお勧めだ。同店で販売する菓子「芭蕉(ばしょう)のしずく」の空き容器10個を返却した人限定で、無料で振る舞われる。9月30日まで。【渡辺隆文】

 大垣市は、夏の銘菓「水まんじゅう」が名物として有名だ。市内の各菓子店で販売し、同店でも「芭蕉のしず…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  3. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  4. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです