メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ムスリム、関空で快適に ハラール対応、国内初の男女別祈とう室も

ハラール認証マークの入った非常食や、滞留者カードについて話し合う関西エアポートの職員(左)とガルーダ・インドネシア航空職員=関西国際空港で2019年7月24日午後4時33分、鶴見泰寿撮影

 関西国際空港の外国人出入国者数は昨年、過去最多を記録し、イスラム教徒(ムスリム)の利用も年々増えている。運営会社「関西エアポート」によると、2017年の年間利用者は約27万人。災害や食事など同空港のムスリム対応を取材した。【鶴見泰寿】

 昨年9月の台風21号で一時閉鎖した教訓から同社は今年、災害に備え、日英中韓4カ国語の「滞留者カード」を作製。ムスリムが安心して食べられる「ハラール」非常食の項目も設けた。担当者は「台風の時は、食事などで細やかな対応ができず、配布に列ができた。滞留者カードで事前に把握すれば、課題は解消できる」と語る。

 台風後新たに、ハラール認証マークの入ったアルファ化米やクッキーを豊富に加えて旅客用に計3万食を用意…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1186文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです