大阪市長 少女像展示「税金投入してやるべきでなかった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市の松井一郎市長は5日、愛知県で開催中の「あいちトリエンナーレ2019」で元従軍慰安婦を象徴した少女像などの展示について「民間であれば展示は自由だが、税金を投入してやるべきではなかった」と述べ、中止は当然との認識を示した。市役所で記者団の取材に答えた。

 松井市長はさらに少女像を「表現の自由とはいえ、事実とあまりに懸け離れている単なる…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集