特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

過ちは繰り返しません…平和祈る「ひろしまかがり灯」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
元安川をたいまつで照らし出した「ひろしまかがり灯の祭典」=広島市中区で2019年8月5日午後7時34分、山田尚弘撮影
元安川をたいまつで照らし出した「ひろしまかがり灯の祭典」=広島市中区で2019年8月5日午後7時34分、山田尚弘撮影

 原爆犠牲者の霊を慰め、世界の平和を祈る「第5回ひろしまかがり灯(び)の祭典」が5日夜、広島市中区の原爆ドーム前の元安川で開かれた。5枚のいかだに載せた計25基のかがり火が川面を照らし、集まった人たちが手を合わせた。

 市民団体「100年後の広島を創ろう委員会」の主催で、被爆70年の2015年から毎夏…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集