メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代美術の“革新性”とぶつかった名古屋市長の論理 「表現の不自由展」中止

「表現の不自由展・その後」の展示空間。奥に「平和の少女像」がある=名古屋市の愛知芸術文化センターで2019年8月3日、山田泰生撮影

 「表現の不自由展・その後」は「あいちトリエンナーレ2019」の国際現代美術展の一企画として、津田大介芸術監督の強い希望で実現した。美術館などで展示不許可になった作品を見せることで「表現の自由」を巡るさまざまな力学を伝え、議論を促す狙いがあることは展示室に掲げた説明文から読み取れた。しかし出品された「平和の少女像」などに抗議が集中した結果、政治と無縁の作品も含む展示全体が中止に追い込まれた。

 河村たかし名古屋市長は「日本国民の心を踏みにじるもの」と少女像の撤去を求めた。しかし現代美術は元々、見る者の現状認識にくさびを打ち込んだり、揺さぶりをかけたりする性質を持つ。政治や社会に対する問題提起や批判的表現は少なくない。

この記事は有料記事です。

残り1483文字(全文1794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです