現代美術の“革新性”とぶつかった名古屋市長の論理 「表現の不自由展」中止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「表現の不自由展・その後」の展示空間。奥に「平和の少女像」がある=名古屋市の愛知芸術文化センターで2019年8月3日、山田泰生撮影
「表現の不自由展・その後」の展示空間。奥に「平和の少女像」がある=名古屋市の愛知芸術文化センターで2019年8月3日、山田泰生撮影

 「表現の不自由展・その後」は「あいちトリエンナーレ2019」の国際現代美術展の一企画として、津田大介芸術監督の強い希望で実現した。美術館などで展示不許可になった作品を見せることで「表現の自由」を巡るさまざまな力学を伝え、議論を促す狙いがあることは展示室に掲げた説明文から読み取れた。しかし出品された「平和の少女像」などに抗議が集中した結果、政治と無縁の作品も含む展示全体が中止に追い込まれた。

 河村たかし名古屋市長は「日本国民の心を踏みにじるもの」と少女像の撤去を求めた。しかし現代美術は元々、見る者の現状認識にくさびを打ち込んだり、揺さぶりをかけたりする性質を持つ。政治や社会に対する問題提起や批判的表現は少なくない。

この記事は有料記事です。

残り1483文字(全文1794文字)

あわせて読みたい

注目の特集