静かな会場と激しいネット「表現の不自由展・その後」その後ルポ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛知芸術文化センター8階のギャラリー展示室に設置された「表現の不自由展・その後」中止を知らせる看板=名古屋市東区東桜1で2019年8月4日午前10時01分、待鳥航志撮影
愛知芸術文化センター8階のギャラリー展示室に設置された「表現の不自由展・その後」中止を知らせる看板=名古屋市東区東桜1で2019年8月4日午前10時01分、待鳥航志撮影

 「表現の自由を後退させる事例をつくってしまった」――。芸術監督の津田大介氏が3日の記者会見でそう語った国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止問題。中止された「その後」の現場はどうなっているのかを知りたくて翌4日、名古屋市の会場へ向かった。【待鳥航志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1305文字)

あわせて読みたい

注目の特集