渋野が全英女子オープンV 樋口久子以来42年ぶりメジャー制覇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 女子ゴルフの今季メジャー最終戦、AIG全英女子オープンは4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、通算14アンダーの単独首位で出た20歳の渋野日向子が7バーディー、1ボギー、1ダブルボギーでスコアを四つ伸ばし、18アンダーで初優勝を果たした。日本人のメジャー制覇は男女を通じて、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来42年ぶりで、史上2人目の快挙となった。

 前の組を回るリゼット・サラス(米国)が17アンダーで先にホールアウト。首位で並んでいた渋野は18番(パー4)でバーディーを奪い、勝負を決めた。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文709文字)

あわせて読みたい

注目の特集