メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋野、プロ実質1年目でメジャー制覇の快挙 周囲に恵まれ、豊かな環境で土台培う

 20歳の渋野は、プロテストを初受験した2017年に不合格となるなど、決してスムーズに歩みを進めてきたわけではない。しかし周囲の人々に恵まれ、豊かな環境で選手としての土台を培ってきたことが実り、プロテスト合格から約1年で一気に大輪の花を咲かせた。

 渋野は、岡山市職員の父悟さん(51)、地元で体操教室の講師を務める母伸子さん(51)の次女として育った。悟さんは、筑波大陸上部の砲丸投げと円盤投げの選手で、伸子さんは同大の1年後輩で、やり投げの選手だった。両親譲りの高い身体能力を持っていた渋野は、幼い時から伸子さんの教室に参加し、さまざまな運動やダンスに親しんだ。ゴルフを始めたのは小学2年の夏。ゴルフ練習場に勤める友人の父から体験会に誘われたのがきっかけだった。

 その秋にはスポーツ少年団でソフトボールも始めたが、ゴルフもソフトボールも大好きな渋野を、少年団の指導者たちは積極的に応援してくれた。打撃を左打ちに変え、3年になって投球練習を始めたのも、体を左右バランス良く使うなど、ゴルフにも通じる動きを身につけられるようにと勧められたからだ。

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです