メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

東証 一時600円超安 米中摩擦、NY株767ドル安

 週明け5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中対立が激化するとの懸念が強まったことから続落し、前週末比767・27ドル安の2万5717・74ドルで取引を終えた。下げ幅は今年最大で、6月5日以来約2カ月ぶりの安値水準となった。6日の東京株式市場はこの流れを引き継ぎ、日経平均株価の下げ幅は前日終値比で一時600円を超えた。午前終値は420円60銭安の2万299円69銭。【中井正裕(ワシントン)、藤渕志保】

 5日に中国・人民元相場が急落したことに対し、トランプ米大統領が「為替操作で重大な違反だ」と批判。ニ…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです