メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本劇作家大会

上演や講演など40以上 長野・上田で16日から

 日本劇作家協会(渡辺えり会長)が16~19日の4日間、長野県上田市で「日本劇作家大会2019 上田大会」を開く。フォーラムやワークショップ、上演など40以上の多彩な企画が展開される。

 大会は1994年に北九州で第1回が開かれて以来、盛岡、北海道など各地で演劇人と地域の交流を深めてきた。

 8回目となる今回は上田市のサントミューゼを中心会場に、「まち」「まなび」「つながり」を3本の柱にすえた。

 講演・シンポジウムでは、17日午後1時に、今年4月に亡くなった舞台美術家島次郎の創作に迫る「現代演劇と舞台美術~島次郎の仕事を中心に~」と題して、演出家の鵜山仁や美術家の堀尾幸男らが登壇するほか、19日午後2時には、渡辺えり講演会「演劇に恋して」がある。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  2. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

  5. 成人式前後に会食、新成人らクラスター 金沢市などの6人感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです