メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本劇作家大会

上演や講演など40以上 長野・上田で16日から

 日本劇作家協会(渡辺えり会長)が16~19日の4日間、長野県上田市で「日本劇作家大会2019 上田大会」を開く。フォーラムやワークショップ、上演など40以上の多彩な企画が展開される。

 大会は1994年に北九州で第1回が開かれて以来、盛岡、北海道など各地で演劇人と地域の交流を深めてきた。

 8回目となる今回は上田市のサントミューゼを中心会場に、「まち」「まなび」「つながり」を3本の柱にすえた。

 講演・シンポジウムでは、17日午後1時に、今年4月に亡くなった舞台美術家島次郎の創作に迫る「現代演劇と舞台美術~島次郎の仕事を中心に~」と題して、演出家の鵜山仁や美術家の堀尾幸男らが登壇するほか、19日午後2時には、渡辺えり講演会「演劇に恋して」がある。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです