メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
Interview

加治将樹 挫折と成長、繊細に 群像劇「絢爛とか爛漫とか」

俳優の加治将樹=東京都練馬区で2019年7月24日、田中博子撮影

 昭和初期を舞台に、文筆家を志す4人の青年の挫折と成長を描いた群像劇「絢爛(けんらん)とか爛漫(らんまん)とか」で、才能に恵まれ、奔放に生きる諸岡一馬を演じる。「諸岡は何も考えていないように見えて、心の中にしっかりと芯がある。僕が俳優として目指すものを持っている人なので、どうしてもこの役をやりたかった」

 1993年の初演以来、登場人物の4人を女性にするなどして何度も再演を繰り返してきた人気作だ。今作は…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1060文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです