メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・聞いてみました

太平洋戦争 学ぶ場設け風化防ぐ

日本軍による米国真珠湾攻撃で太平洋戦争は開戦した=炎上する米戦艦アリゾナ=UPI

 元号が令和に変わり、初めての夏。昭和に起こった戦争がさらに遠のいたように感じる人も少なくないだろう。今回取材班では、太平洋戦争(1941~45年)について大学生264人にアンケートを行い、今の考えや思いを探った。(丸数字は学年)

 近年、歴史的な日を知らない若者が増えているそうだ。そこで「8月6日」と「8月15日」を代表させ、何が起こった日か聞いてみた。正解したのは約7割。残り3割は「わからない」「山の日」など、正しく回答できなかった。言うまでもないが、6日は広島原爆投下の日、15日は終戦記念日だ。

 次に、これまでどのようにして「戦争」に触れてきたのか尋ねた。多かったのは授業や修学旅行。「ドキュメンタリー映像を見た」(崇城(4))、「広島を舞台にした劇に出演した」(津田塾(3))など、学校以外での活動も並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです