メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
美食地質学入門

第17講 アナゴ 南の海から進化の旅路

韋駄天のアナゴ料理。(手前から時計回りに)おつくり3種盛り、茶わん蒸し、カツサンド、串焼き、前菜3種、冷やしアナゴ、アナゴずし=神戸市灘区で、幾島健太郎撮影

 梅雨の水を吸っておいしくなる魚は何種類もいるが、アナゴもそうだ。姿形のよく似たウナギと同じで、はるか南方で産卵することが明らかになった。今回は、その旅路に思いをはせながら、アナゴ料理を堪能しようという趣向だ。

 ■瀬戸内は有数の漁場

 お邪魔したのは、マグマ学者の巽好幸先生行き付けのアナゴ料理専門店「韋駄天(いだてん)」(神戸市灘区)。ご主人の佐藤俊男さんが、イキのいいアナゴと共に迎えてくれる。関西では瀬戸内海が漁場で、兵庫県の高砂や明石などの焼きアナゴが有名だが……。

 「最近は少なくて、うちは対馬(長崎県)のがメインです」とご主人。「エコール辻大阪」の大引伸昭先生が…

この記事は有料記事です。

残り2517文字(全文2803文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです