メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
あの日を残す

長崎の証言50年/中 50年前の被爆者実態調査票 苦悩にじむ生の声

母の調査票を見る高見さん(左)と榎昭子さん=長崎市三ツ山町で、今野悠貴撮影

 長崎市の空き家で昨年9月、153枚の色あせた書類が見つかった。空き家は、被爆証言を半世紀にわたって発信してきた市民団体「長崎の証言の会」の設立者の一人、鎌田定夫さんの自宅だった。鎌田さんは2002年に72歳で死去。ともに活動を支えた妻信子さんも13年に79歳で他界し、会のメンバーが遺品を整理していた。

 同会事務局長の森口貢(みつぎ)さん(82)らが開封した茶封筒から出てきた大量の書類は、1969、7…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1052文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです