メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

七夕絵どうろうまつり

絵どうろう150基、闇を彩る 湯沢 /秋田

市中心部をあでやかに彩る七夕絵どうろうまつり=秋田県湯沢市で

 湯沢市の夏の風物詩「七夕絵どうろうまつり」が市中心部で5日始まり、浴衣姿の若い男女や大勢の家族連れでにぎわっている。7日まで。

 江戸時代中期に京の都から佐竹南家のある草深い湯沢に嫁いできた姫を慰めようと、領民が始めたとされる。

 商店街には大小約150基の絵どうろうや五色の短冊をつけたささたけが飾ら…

この記事は有料記事です。

残り87文字(全文237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです