メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記録映画

旧日本軍性暴力被害者の証言 班監督「中国で起きたこと知って」 渋谷 /東京

「中国での旧日本軍による性暴力について、多くの人に知ってほしい」と話す班忠義監督=大阪市西区九条1の映画館「シネ・ヌーヴォ」で

 中国における旧日本軍の性暴力について、中国人被害女性や住民、元日本兵らの証言を記録したドキュメンタリー映画「太陽がほしい<劇場版>」が3日から、渋谷区宇田川町の映画館「UPLINK渋谷」で始まった。「慰安婦」問題をめぐる論争を記録した映画「主戦場」が異例のヒットを続ける中での公開に、班忠義監督は「『論争』の対象にもなっていない中国での旧日本軍による性暴力について、知ってほしい」と話している。【湯谷茂樹】

 映画は、中国から上智大学に留学中の班監督が、1992年に東京で開催された「日本の戦後補償に関する国…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです