メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御影工高山岳部員遭難

50年 飯田で追悼式 /長野

慰霊碑の前で追悼の言葉を述べる牧野光朗市長=長野県飯田市上飯田松川入で

 1969年8月5日に飯田市で発生した神戸市立御影工高山岳部員ら7人の遭難から50年を迎えた5日、飯田市上飯田松川入の「遭難之地」慰霊碑前で追悼式が行われた。同市、飯田消防署、同市日本赤十字奉仕団などから約30人が参加し、7人の冥福を祈った。

 同高山岳部5人と担当教諭2人は中央アルプス縦走の途中、台風の集中豪雨に遭遇。西俣川沿いにある…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです