メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手作りアンテナショップ

岐阜の若者、東京にオープン カフェ、物販、イベントの3本柱で…県の「面白さ」発信 /岐阜

岐阜ホールのスタッフ。手前のイラストは岐阜から東京へ向かう巨大な屋形船と、開設を支援してくれた約400人が描かれる=東京都台東区上野桜木1の「岐阜ホール」で

 県内でまちづくりに取り組む若者有志らが東京都台東区に手作りのアンテナショップ「岐阜ホール」をオープンさせた。県が都内に設置したアンテナショップは10年前に閉店しており、新しい岐阜の発信拠点になりそう。運営者は「岐阜の魅力あるモノの発信とともに、交流の場にもしたい」と意気込む。【尾崎修二】

 東京・上野駅から徒歩約15分。昔ながらの風情が残る閑静な住宅街に岐阜ホールの入るビルがある。棚には工芸品や雑貨、加工品などの県産品がそろい、カフェのカウンターには県産小麦を使った蒸しパンが並ぶ。

 企画運営の中心は岐阜市神田町のデザイン会社「リトルクリエイティブセンター」。商品デザインやイベント…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです