メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

「戦争駄目、助け合う世界に」 「原爆症うつる」誰も来なくなったことも 被爆91歳で大津の奥村さん語る /滋賀

被爆体験を語る奥村チエミさん(右)と被爆2世の長男徹行さん=大津市北小松で、諸隈美紗稀撮影

 「8月6日の3、4日前になると、あの時を思い出す。原子爆弾がピカッて光って、ドーンと落ちた」。1945年8月6日、女学校4年生だった当時、広島市内で被爆した奥村チエミさん(91)=大津市北小松=が振り返った。「戦争は駄目。みんなで助け合う世界になってほしい」。被爆者の高齢化が進み、戦争の記憶が薄らいでゆく中、広島への原爆投下から6日で74年となる。【諸隈美紗稀】

 奥村さんは広島県旧吉和村(現廿日市市)出身。6日朝、カボチャをもらいに出かける途中、被爆した。爆心…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、両腕かまれ軽傷 滋賀

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです