メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究現場は今

第1部 博士/4 「足の裏の米粒」と皮肉 企業が敬遠、就職先少なく /京都

研究者が身につける白衣。「末は博士か大臣か」という時代は終わった=京都市内で、菅沼舞撮影

 「結婚や将来のことを考えると、就職しかなかった」。京都大の文系の修士課程2年の男子院生は学者を志して一度は博士課程進学を検討したが、同じ研究室の先輩が経済的に困窮したり、論文を出せずに疲弊する現実を目の当たりにし、かじを切った。「理系と違い、文系の院生はせいぜい統計の技術があるぐらいで、学部生と変わりはない。同じ技能なら若い方が有利。博士まで進んでしまうと、後戻りができなくなる」

 博士号はいつからか「足の裏の米粒」と表現されるようになった。意味するところは「取らなければ気持ちが悪いが、取っても食えない」。日本では博士号を取得すると、研究職以外への就職は難しくなる。「博士は扱いにくく、給料も高い」などと企業が敬遠する傾向にあるからだ。実際、企業の研究者に占める博士号取得者の割合は4%程度で、欧米主要国に比べ圧倒的に低い。

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです