メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆体験講演

「自分に置き換えて」 映像作家・田辺さん、報道関係者に /広島

講演する田辺雅章さん=広島市中区で、池田一生撮影

 原爆投下前の広島の爆心地の街並みを復元した映像作品で知られる映像作家で被爆者の田辺雅章さん(81)が5日、中区であった日本新聞労働組合連合など主催のフォーラムで報道関係者約40人を前に講演した。戦争体験や作品作りへの思いを語り、「原爆の実態を知り、(体験を)自分に置き換えて考えてほしい」と強調した。

 田辺さんの生家は原爆ドームの東隣にあり、両親と弟は被爆死した。疎開先の山口県から戻った時に自身も被…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです