メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑後川花火大会

夜空を彩る、大輪に歓声 /福岡

次々に打ち上がる大輪の花火

 西日本最大級の打ち上げ数を誇る「第360回筑後川花火大会」が5日、久留米市の筑後川河川敷で開かれ、1万8000発の花火が夏の夜空を彩った。

 同市や佐賀県鳥栖市などでつくる実行委員会主催。右岸2カ所から打ち上げられ、久留米市東櫛原町の二千年橋から同市大石町の豆津橋までの約3キロには多くの見物客が詰め…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 「何か面白いことやれ」女性上司が男性部下にパワハラ、減給処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです