湯の花作り

こども教室で小学生が体験 明礬温泉 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
職人ら(右)の指導を受け、湯の花を採取する小学生ら
職人ら(右)の指導を受け、湯の花を採取する小学生ら

 夏休み中の小学生らが、温泉で湯の花作りを体験する「こども文化・化学教室」が別府市明礬(みょうばん)温泉の施設「湯の里」で開かれた。

 「別府明礬温泉の湯の花製造技術」は国の重要無形民俗文化財。湯の花ができるまでの職人の苦労や伝統技術を知ってもらおうと同市教育委員会が参加者を募り、3日の教室には小学生…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

注目の特集