メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

「李香蘭」という夢幻=玉木研二

 <ka-ron>

 「りこうらん」という名の響きに、ある時代の感懐を共有する人はもうほとんどいないだろう。

 私の戦前世代の亡母は、その大人気を現中国東北部にあった旧満州国の皇帝名と共に覚えていた。

 彼女は父の仕事で1920年に中国で生まれ、中国人の養女となって李香蘭と名づけられた。まず歌手、次いで日本の国策会社満州映画協会から女優に。日中戦争は泥沼化、日本で国家総動員が進む。

 日本語に堪能な、美しい中国人娘。そう作られたキャラクターは李香蘭の本意を超え、独り歩きした。現実と…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1060文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです