メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れいわ・木村氏

「仕事」に公的補助求める 質問主意書

参院本会議を終えて議場を後にする「れいわ新選組」の舩後靖彦氏(奥右から2人目)と木村英子氏(同4人目)=国会内で2019年8月5日、川田雅浩撮影

 れいわ新選組所属で重度身体障害者の木村英子参院議員(54)=比例代表=は5日、障害者総合支援法に基づく重度訪問介護サービスを巡り、通勤などの経済活動でも公的補助が受けられるよう制度の改正を求める質問主意書を参院に提出した。

 木村氏と、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者、舩後(ふなご)靖彦参院議員(61)=れいわ、比例代表=は重度訪問介護を受けている。しかし、「通勤など経済活動にかかる外出」は公的補助の対象外のため、議…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです