メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

米乱射、中南米系を標的 移民の街「愛で対抗」 献血に住民ら行列

銃乱射事件の追悼集会で住民たちは手を取り合い、団結を誓った=米南部テキサス州エルパソで2019年8月4日、福永方人撮影

 20人が死亡し、26人が負傷した米南部テキサス州エルパソでの銃乱射事件は、米国史上初めて中南米系移民を標的にした「国内テロ」として捜査が進む。中南米系移民が8割を占める街には動揺が広がったが、事件を乗り越えようと市民が団結する動きも強まっている。移民の共同体の「誰も排除しない」という姿勢は揺らいでいない。

 事件から一夜明けた4日、現場の小売店「ウォルマート」の前に住民が次々と献花に訪れた。犠牲者に祈りをささげる親子、店舗を見つめて涙する姉妹。移民であるというだけで向けられた殺意に、誰もがやりきれない怒りや悲しみを抱えていた。ジルベルト・マルモレホさん(46)は「移民が嫌いだからといって殺していいはずがない。あまりにばかげていて怒りが抑えられない」と声を震わせた。

この記事は有料記事です。

残り2049文字(全文2385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです