メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 バスケNBA・ウィザーズ 八村塁

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」は、米プロバスケットボールNBAのウィザーズに入団した八村塁(21)を迎えた。6月のNBAドラフト会議で日本選手初の1巡目指名(全体9位)という快挙を成し遂げて一躍、時の人となった。NBAに憧れを抱いた中学時代や、高い身体能力を生かしてあらゆるスポーツに挑戦してきた子供の頃のエピソード、日本代表への思いなどについて、長官と語り合った(対談は7月24日に実施)。【構成・浅妻博之、小林悠太、写真・梅村直承】

 鈴木 子供の頃は、いろんなスポーツをしていたそうですね。

この記事は有料記事です。

残り3188文字(全文3472文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです