メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

「五輪を語ろう」 最も出費の必要な五輪? 東京のホテル高騰=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 開催まで1年を切った東京五輪は記録的な大会として記憶されるだろう。史上最多の33競技が行われ、参加国・地域数も史上最多の205が参加したリオデジャネイロ五輪を上回る可能性がある。一方、外国から訪れる観客にとって、ホテル代や航空運賃などで最も出費が必要な五輪になるかもしれない。

 インターネット上の大手の宿泊予約サイトをいくつか見ると、驚くべき数字が並んでいた。五輪開幕後、最初の1週間の宿泊費は1泊4万円の金額が提示されていた。東京都内の五つ星ホテルで1泊40万円というのもあった。しかも返金不可だった。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです