メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

きょう 被爆語り部、2枚の絵 「世界に、子に」父の遺志継ぐ

父・神谷一雄さんが描いた絵を前に話す小野政江さん=福岡県宮若市で、矢頭智剛撮影

 広島は6日、74回目の「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園では午前8時から平和記念式典があり、被爆者や遺族、安倍晋三首相らと各国代表が参列する。

 核兵器廃絶を巡る国際情勢は、混迷を深めている。核拡散防止条約(NPT)は5年に1度の再検討会議を来年に控え、今年4、5月に開かれた準備委員会では核保有国と非保有国が対立。議論のたたき台となる勧告案は採択されなかった。

 一方、核兵器の製造や使用、更に核抑止力の根幹である「威嚇」を禁じる核兵器禁止条約は国連で成立して2…

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです