メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永田町と政治家の地元を結ぶ、分身ロボット「オリヒメ」 衆院議員の平将明氏が実証実験

平将明衆院議員の遠隔操作で打ち合わせに臨む分身ロボット「OriHime」=東京都大田区で2019年8月6日午後4時11分、立野将弘撮影

 自民党の平将明衆院議員(東京4区)は6日、テレワークや重度身体障害者の意思伝達に活用できる分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の実証実験を公開した。東京・永田町の事務所から、約13キロ離れた地元・大田区の事務所のオリヒメを遠隔操作し、秘書と地元活動について打ち合わせた。

 オリヒメはインターネット経由で遠隔操作…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文373文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです