メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米アップルなど大幅下落 ダウ平均767ドル安 対中追加関税負担懸念

東京証券取引所=2019年4月、嶋野雅明撮影

 週明け5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中対立が激化するとの懸念が強まったことから続落し、前週末比767・27ドル安の2万5717・74ドルで取引を終えた。下げ幅は今年最大で、6月5日以来約2カ月ぶりの安値水準となった。6日の東京株式市場はこの流れを引き継ぎ、日経平均株価の下げ幅は前日終値比で一時600円を超えた。午前終値は420円60銭安の2万299円69銭。

 5日に中国・人民元相場が急落したことに対し、トランプ米大統領が「為替操作で重大な違反だ」と批判。ニ…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです