メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米アップルなど大幅下落 ダウ平均767ドル安 対中追加関税負担懸念

東京証券取引所=2019年4月、嶋野雅明撮影

 週明け5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中対立が激化するとの懸念が強まったことから続落し、前週末比767・27ドル安の2万5717・74ドルで取引を終えた。下げ幅は今年最大で、6月5日以来約2カ月ぶりの安値水準となった。6日の東京株式市場はこの流れを引き継ぎ、日経平均株価の下げ幅は前日終値比で一時600円を超えた。午前終値は420円60銭安の2万299円69銭。

 5日に中国・人民元相場が急落したことに対し、トランプ米大統領が「為替操作で重大な違反だ」と批判。ニ…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文596文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです