メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食料自給率 18年度、37%で過去最低 冷夏の93年度に並ぶ 低温や日照不足原因

農林水産省=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

 農林水産省は6日、2018年度の食料自給率(カロリーベース)が前年度比1ポイント減の37%となり、コメの記録的な不作に見舞われた1993年度と並び、過去最低に落ち込んだと発表した。天候不順で北海道の小麦や大豆の生産量が大幅に減少したことが主な要因としている。

 食料自給率は、食料の国内消費に占める国産の割合を示す。政府は25年度に自給率45%の達成を目指しているが、実現が遠のいた格好だ。一方、生産額ベースの18年度の食料自給率は66%で前年度から横ばいだった。

 農水省によると、昨年6~7月に北海道などが低温や日照不足などに見舞われ、小麦の国内生産量が前年度比…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです