メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

為替操作国認定、米中対立「終結点は見えず」 世界同時株安も進行

貿易を巡る米中の応酬

 トランプ米政権が5日、中国を制裁措置の対象となる「為替操作国」に認定したことで、米中貿易戦争は貿易問題から通貨問題に拡大した。中国政府は通貨安誘導を否定し、米国側に反発して対抗措置の検討を開始。新たな対立を抱え込んだ米中貿易戦争は泥沼化の様相を呈している。世界1位と2位の経済大国の対立激化が世界経済に悪影響を与えるのは必至で、金融市場では世界同時株安が進むなど混乱が続いている。

この記事は有料記事です。

残り3455文字(全文3646文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです