メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英「有志連合」参加 欧州主導“離脱” ジョンソン氏方針か 対イラン

ボリス・ジョンソン氏=AP

 英政府は5日、米国が中東ホルムズ海峡における航行保護のために各国に呼びかけている有志連合構想への参加を表明した。英国は従来、イランへの圧力を強める米国と一線を画し「米国抜き」の欧州主導の連合による対処を目指してきたが、方針を転換したとみられる。ただ、ラーブ英外相は声明で「イランへのアプローチに変化はない」として、引き続きイラン核合意を維持していく意向も強調した。

 これまで英国は、7月19日にホルムズ海峡で自国船籍タンカーが拿捕(だほ)された件でイランを強く非難…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文587文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです