メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あでやかに美人画浮かび上がる 秋田・湯沢で「七夕絵どうろうまつり」

市中心部をあでやかに彩る七夕絵どうろうまつり=湯沢市で2019年8月5日18時40分、佐藤伸撮影

 秋田県湯沢市の夏の風物詩「七夕絵どうろうまつり」が市中心部で5日始まり、浴衣姿の若い男女や大勢の家族連れでにぎわっている。7日まで。

 江戸時代中期に京の都から佐竹南家のある草深い湯沢に嫁いできた姫を慰めようと、領民が始めたとされる。

 商店街には大小約150基の絵どうろうや五色の短冊をつけたささたけ…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文240文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです