韓国人作品取り下げ あいちトリエンナーレ別展示 「暴力に屈服」抗議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示の中止が決まった「平和の少女像」など「表現の不自由展・その後」のコーナー=名古屋市東区で2019年7月31日、大西岳彦撮影
展示の中止が決まった「平和の少女像」など「表現の不自由展・その後」のコーナー=名古屋市東区で2019年7月31日、大西岳彦撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、同展とは別の展示に参加している韓国人作家2人が6日、今回の問題を「検閲」とした上で、抗議のため出展を取り下げた。

 取り下げたのは、イム・ミヌク氏とパク・チャンキョン氏。名古屋市東区の愛知芸術文化センターに作品を展示していた。

 今回の問題は、企画展に出品された従軍慰安婦を題材とする韓国人作家の「平和の少女像」などに抗議が殺到したことを受け、トリエンナーレを主催する実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事が安全面を理由に、1日の開幕から3日間で企画展を中止した。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集