メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

中止反対署名2万人超す「考えぶつけ合う場に」 あいちトリエンナーレ

愛知芸術文化センター8階のギャラリー展示室に設置された「表現の不自由展・その後」中止を知らせる看板=名古屋市東区東桜1で2019年8月4日午前10時1分、待鳥航志撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とする「平和の少女像」などを展示した「表現の不自由展・その後」が脅迫や抗議を受けて中止に追い込まれた問題で、作品撤去・中止に反対するインターネット上の署名者が6日、2万人を超えた。

 呼びかけ人で横浜市在住の美術家、井口大介さん(60)は3日、署名キャンペーン「『表現の不自由展・その後』の作品撤去・中止をしないでください」と題する署名活動を署名サイト「change.org」で始めた。井口さんは呼びかけ文で「まるで戦前の一元的な見方を押しつける弾圧に等しい。肯定も否定もある多様な見方・考えをぶつけ合う議論の場にふたをしてはならない」などと訴えている。

 その後、トリエンナーレ実行委員会会長である大村秀章・愛知県知事が「安全を考慮した」として展示の中止…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文813文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

大場伸也

1973年生まれ、2000年入社。船橋、千葉支局、政治部、経済部、長崎支局、小倉報道部を経て現職。政治の記事を中心に執筆しています。野球好き。学生時代にバイトしていた新宿ゴールデン街に出没します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです