メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名水の霧 深緑の涼…地中めぐり80年、鳥海山麓「元滝伏流水」

涼を求め多くの行楽客が訪れる鳥海山の元滝伏流水=秋田県にかほ市で2019年8月3日午後3時50分、佐藤伸撮影

 うだるような暑さが続く中、鳥海山のふもとの元滝伏流水(秋田県にかほ市)に、大勢の行楽客が涼を求めて足を運んでいる。

 深緑の森の中の青く苔(こけ)むした岩肌から、地下水が白いしぶきを上げてあふれ出す。鳥海山に降った大量の雪や雨が地中を巡り、約80年かけてわき出しているという。高さ約5メートル、幅約3…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです