メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「博多芸妓」になりませんか 18歳以上、生計費月20万円最低保障 10年ぶり公募

定期公演で華麗な舞踊を見せる博多芸妓=福岡市博多区で2019年7月25日午後4時20分、蓬田正志撮影

 訪日外国人の増加などによるニーズの高まりを受け、福岡市内のお座敷などで唄や踊りで客をもてなす「博多芸妓(げいぎ)」の10年ぶりの公募が進められている。脚光を浴びる一方で後継者不足が続いており、現在の芸妓は20~80代のわずか14人。博多伝統芸能振興会が「博多を華やかに盛り上げてほしい」と、見習いにあたる「半玉(はんぎょく)」のなり手を募っている。

 「博多へ来るときゃ一人できたが 帰りゃ人形と二人連れ」。7月下旬、福岡市博多区の博多伝統芸能館で開…

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1387文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  4. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです