メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒト受精卵ゲノム編集「未来永劫禁止でいいのか…」 法規制の範囲で議論

ヒト受精卵のゲノム編集を巡る主な動き

 ゲノム(全遺伝情報)編集技術で遺伝子改変したヒト受精卵を使って赤ちゃんを誕生させることを防ぐため、法規制に向けた議論が厚生労働省の専門委員会で始まった。ヒト受精卵のゲノム編集は、国際的にも議論が不十分なまま現実が先行してきた。2日の専門委員会の初会合では安全性や倫理面を懸念する意見が相次ぎ、課題は山積している。【柳楽未来、須田桃子】

 「現在の技術ではゲノム編集で想定していない遺伝子まで改変され、がんを引き起こす恐れがある」「受精卵を遺伝子改変すれば改変された特性が次世代にも引き継がれ、影響を及ぼすことになる」

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1198文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです