メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界農業遺産の絶景「輪島の千枚田」ピンチ ネットで資金募る

白米千枚田で田植えをするボランティアの人たち=石川県輪島市で2018年5月13日、山田尚弘撮影

 石川県輪島市の国指定名勝「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」で、美しい棚田の景観の維持が危ぶまれている。過疎化による担い手不足を解消するために2007年に発足し、整備に貢献してきたオーナー制度の会員らの高齢化が進んでいるためだ。同市は耕作者を支援しようと、6日からインターネット上で資金を募るクラウドファンディングを開始。農機具の保管庫や休憩室を整備し、働きやすさ向上を狙う。

 日本海に臨む白米千枚田は約4ヘクタールの斜面に1004枚の棚田が広がり、11年には国連食糧農業機関…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです