特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

バド世界ランク1位の山口茜 天才少女が覚醒 周囲のサポートに「100で返したい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
7月に行われたジャパン・オープン決勝で、奥原希望を破り、自身初の2週連続ワールドツアー優勝を果たした山口茜=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年7月28日、喜屋武真之介撮影
7月に行われたジャパン・オープン決勝で、奥原希望を破り、自身初の2週連続ワールドツアー優勝を果たした山口茜=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年7月28日、喜屋武真之介撮影

 バドミントンの世界選手権(スイス・8月19~25日)で、女子シングルスの優勝候補筆頭は世界ランキング1位で臨む山口茜(22)=再春館製薬所=だ。「スーパー高校生」と呼ばれた10代から掲げる「楽しむ」のモットーは不変だが、社会人となって生まれた自覚が、潜在能力を呼び起こしている。【小林悠太】

 世界選手権の前哨戦となった7月のインドネシア・オープンとジャパン・オープンで、ライバルたちを寄せ付けず、自身初の2週連続ワールドツアー優勝を果たした。「長いラリーになった時や試合終盤できつくなった時でも、我慢してスピードを上げて攻められている」と手応えを話す。

 バドミントンの盛んな福井県勝山市で大人の男性コーチと打ち合いながら才能を伸ばした。高校1年生だった2013年のジャパン・オープンで最年少優勝を果たし、13、14年の世界ジュニアで2連覇。19歳で臨んだ16年リオデジャネイロ五輪でも8強に入り、将来を期待されてきた。

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1238文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集