メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 川上未映子『夏物語』

産むことと死ぬことは一体だからこそ しっかりした価値観を持って生きる

◆『夏物語』川上未映子・著(文藝春秋/税別1800円)

 「人と人が性別を超えて出会いなおす。そういう新しい関係を描きたかったんです」と語る。新作『夏物語』は、生殖医療と生命倫理という重いテーマを扱っている。

 38歳で新人小説家の夏子は、パートナーなしで妊娠、出産する方法を模索する。彼女は、精子提供で生まれた逢沢潤と善百合子に出会う。逢沢は本当の父に会いたいと願い、善は子どもを産むという行為は暴力だと主張する。周りの女性たちの反応もさまざまだ。夏子は最後にどういう決断を下すのか―。

「第一部で夏子の姪(めい)の緑子が『生まれてきてよかったのか』と考えますが、あれは私自身の実感でもあ…

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです