メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かんぴょう

白く長く、夏の縁起物 栃木・下野

 かんぴょうの生産量が全国の98%以上を占める栃木県の下野市で、原料となるウリ科の夏野菜、ユウガオの乾燥作業が最盛期を迎えている。今年は長梅雨の影響で収量は少ない見込みだが、仕上がりは例年並み。8月下旬まで続く。

 加工所では連日午前4時ごろから、農家が持ち寄ったユウガオ300個ほどを長さ約180セン…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです