メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

バリアフリー首都圏90店ガイド 「おいしい」に壁いらない 車いす対応・食べやすさ解説

バリアフリーなグルメガイドを企画・取材した和久井香菜子さん(左)と赤谷まりえさん=東京都新宿区で

 「すべての人に、おいしいお店」を--。車いすや介助犬同伴での入店のしやすさ、のみ込みやすいメニューなど、飲食店側の対応を盛り込んだ「バリアフリーなグルメガイド」(交通新聞社)が7月に出版された。編集者らは「誰もが食を楽しめるよう、みんなが考え、動く材料にしてもらえればうれしい」と話している。【和田浩明】

 企画・取材したのは、視覚障害者によるテープ起こし会社「ブラインドライターズ」代表の和久井香菜子さん(48)と編集ライターの赤谷まりえさん(35)。出発点は、和久井さんがスタッフの会食場所としてバリアフリーな店を探すのに難渋した経験だ。「お店に確認しなければならず、相当な手間。ガイドがあればみんな喜ぶと思いました」

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです