メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

「悪夢のような民主党政権」より自民はマシ? 実態隠す「安倍語」の攻略法 上西充子・法政大教授と考える

「ご飯論法」生みの親

 論点をすり替えたり、他党を攻撃したりする「安倍語」が、参院選でも飛び交った。例えば「あの民主党政権時代に戻っていいのか」との趣旨の演説だ。あの頃を思い出せば安倍晋三首相の主張を肯定したくもなるが、実は「安倍語」に操られている--。「ご飯論法」の生みの親、法政大教授の上西(うえにし)充子さんはそう指摘する。【沢田石洋史】

この記事は有料記事です。

残り2865文字(全文3036文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです