メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

スカッとさせるのが外交か=与良正男

 先月初め、日本政府が韓国に対する輸出手続きの厳格化・第1弾に踏み切った時、私は出演した報道番組でこんなふうに話した。

 「韓国側はむしろ攻勢に転じる好機だと歓迎していないか。日本は元徴用工等々の問題と無関係な通商上の対抗措置を持ち出した。これで国際社会に日本の理不尽さを訴えることができる、と」

 案の定、韓国側はエスカレートするばかりだ。一方的に日本政府を非難する韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の言葉は私も聞くに堪えない。

 一方、日本政府は元徴用工問題とは無関係と繰り返すが、世耕弘成経済産業相は最初、明らかに関連づけて説明しており、今回の措置を支持する人たちからも「あれはミスだった」との批判がある。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです