メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

スカッとさせるのが外交か=与良正男

 先月初め、日本政府が韓国に対する輸出手続きの厳格化・第1弾に踏み切った時、私は出演した報道番組でこんなふうに話した。

 「韓国側はむしろ攻勢に転じる好機だと歓迎していないか。日本は元徴用工等々の問題と無関係な通商上の対抗措置を持ち出した。これで国際社会に日本の理不尽さを訴えることができる、と」

 案の定、韓国側はエスカレートするばかりだ。一方的に日本政府を非難する韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の言葉は私も聞くに堪えない。

 一方、日本政府は元徴用工問題とは無関係と繰り返すが、世耕弘成経済産業相は最初、明らかに関連づけて説…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文949文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです