メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/16 草月アートセンター 60年代前衛芸術の実験場で

ジョン・ケージ氏=AP

 1960年6月、あの安保反対闘争の高揚のさなかに発行された小雑誌へ寄せた短文に、大岡信はある詩の一節を引いている。

 <ぼくには計画もないし/日付けもない/だれと会う約束もない//だからぼくは気のすむまで探検する/魂と都市を>

 米国のビート世代を代表する作家ジャック・ケルアック(22~69年)が前年出版した詩集『メキシコ・シティ・ブルース』から、大岡が訳したものだ。「ケルアックのジャズ・ポエム」と題する紹介文には「計242篇(へん)の<コーラス>を集めた異色の詩」とある。ビートは米国の60年代カウンターカルチャーの先駆けとなり、日本の同時代の若者文化にも影響を与えた。

 この雑誌は『SAC』4号。60年3月に創刊された草月アートセンター(略称SAC)の会報である。草月…

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文2035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  5. 中国「感染力は強まっている」 武漢からの観光客の感染確認、4例目 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです