メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

胸を打つ「ミラクル」な演技

 「俳優の仕事は、毎日『ミラクル』のようなことを繰り返さなければ、面白くないと思っている」。この言葉の主は俳優の大沢たかお。約1年半前にインタビューした時、「ミラクル」という言葉の選択が新鮮に感じ、耳に残った。実際、映画「キングダム」で大沢が見せた中国の春秋戦国時代の将軍、王騎のたたずまいは怪演という言葉がぴったり。まさに「ミラクル」を体現していたと思えた。

 先月7日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」は、人見絹枝(菅原小春)が五輪で日本女子選手初のメダルを…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文472文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです