メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山友会クリニック

孤独癒やし35年 労働者に寄り添い 東京・山谷の無料診療所

山友会クリニックの前に集まったルボ・ジャンさん(前列左から2人目)と山谷地区の元労働者ら=東京都台東区で2019年7月26日、根岸基弘撮影

 かつて労働者のまちだった東京・山谷(さんや)地区(東京都台東、荒川両区)で、日雇い労働者や路上生活者を無料で診察してきた診療所「山友(さんゆう)会クリニック」が、10月で開設から35年を迎える。NPO代表でカナダ出身のルボ・ジャンさん(74)らが寄付金を基にボランティア医師らと運営。高齢化した元労働者たちが肩を寄せ合って生きられる場も担う。

 7月下旬、泪橋(なみだばし)交差点の南東約100メートルの、「ドヤ」と呼ばれる簡易宿泊所が建ち並ぶ…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1122文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです